FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボウリング、別にいいじゃねーか

 最近、JR脱線事故の報道を見ていると?が出てきます。
ボウリングがどうのこうのと・・・・。
そこを責めて何が解決するんだろ?
お偉いさん方の頭を下げる姿を撮りたいだけのような気がします。
被害者・加害者関係なく弱者を吊し上げる日本のマスコミは如何なモノかと・・・。
今マスコミの行動は問題解決に一つも結びつかない報道を延々と繰り返しています。
被害者や遺族の救済のキャンペーンを行っているマスコミは1つもありませんよね。誰かを責めたって、亡くなった人は帰ってきませんし。はっきり悪者を作らないとダメなんでしょうかね?
それより、残された人や怪我をした人達のケアをしていく方が大切だと思います。事故なんだから仕方ないんです、ミスも不備もあって当たり前なんですよ。テレビでは民営化の時にクビにされた元組合員のような評論家やコメンテーターがJRの批判ばっかりして、事故原因も適当な事言って。やれ運転士が悪いだの車掌が悪いだの社長が悪いだの、同乗していた運転士が逃げたとか、あげくには、当日ボウリングに行ったからどうのこうのと・・・・。
マスコミも人殺しと同じ事してませんか?
まず残された人を大切にしましょうや!
助けてあげましょうよ!
被害者や遺族の怒りや不安を煽る報道じゃ
何も生まれませんよ。
スポンサーサイト
コメント

はじめまして

「生命は、死を恐れない。死の面前で、笑いながら、
踊りながら、滅亡した人間を踏み越えて進んでゆく」

魯迅の言葉です。

地球規模で考えれば、一方で死者が出て、
一方で遊びに興じて美味いものに舌鼓を打つ。
こういう現象は日常茶飯事に起きているのでは?
ぼくも事故当日はビリヤードに興じてました。
ソマリア難民の飢餓や旱魃で日々死に行く子供達を見たら、
日本人(特に関西人)はまだまだ甘チャンだなぁと思います。
人類は万物の霊長と思いあがり、人間原理を振りかざし、
生きることだけに特別な意味や価値を見出そうとするから、
中途半端なヒューマニズムに走りがちになるのでは?
死ぬこともまた意味があり価値があるもので、
生きているものは全て土に還り地球の一部になるのです。
そして食物連鎖により、ありとあらゆるものとして循環します。
自然現象(地震や旱魃、水害など)も地球が生きている証拠で、
人間も地球の一部(というか寄生虫?病気?)に過ぎないのです。
これがごくごく自然な現象であり現実だと思います。
最近のマスコミの論調を見ていると、そういう現実から逃避して、
他の事物に責任転嫁し過ぎなのではと熟々思います。
孫子の兵法(他を知り己を知るは百戦危うからず)じゃないですけど、
とってつけたような正義面を提げて、JR西日本(特に垣内剛社長)を
利益優先主義と槍玉に挙げる前に、まず自分達が視聴率第一主義である
ということを認知して貰いたいものです。
この大事故の当事者であり、本来なら集中砲火を浴びせられたであろう
JR西日本労組書記長のにやけ顔を全国のお茶の間に流し、十分視聴率は稼げたのでは?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


しどろもどろ会見の真相

事故当日の午前9時半には1種A体制が敷かれていた。これは列車事故で多数の死傷者が出たために全社を挙げて対応する必要がある事態に発令される。阪神大震災以来10年ぶりの非常事態であるが、天王寺車掌区には出動命令は出ていなかった。その場合招集されるのは区長であって


JR西日本叩き 我々は何を望むべきか

JR福知山線の脱線事故に関するマスコミ報道は本筋とは関係ない天王寺車掌区のボウリング大会に集中しています。ことの是非は言うまでもなく、JR西日本という会社の連絡組織の杜撰さ、社員の危機意識の低さは論外ですが、懇親会に何人行った、二次会で何食ったという


■JR西日本車掌区の43人事故知りながらボウリング大会

---デイリー05/05/05記事引用--- 兵庫県尼崎市のJR福知山線快速電車脱線事故で、事


報道マンのモラルどこに

●たまごっち育成日記 一日目ケータイで発見たまごっち!的なアプリを入手。育児日記をつづっていこうと思います。以前「男手一つで育て上げてきた」という評判がほしいと書きましたが、事実上それができる体制…


| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。