FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝れない・・・・・。

 はいっ!オハヨウゴザイマス。
というか寝れないのです。
小生はお小ちゃまなので
寝る前にコーヒーなどを飲んだらね
こんな事に・・・・・。

さて今回は
「ギターアンプはどれがイイ?マーシャル神話は過去のモノ」
さあギターアンプですがね、それぞれ好みの問題ですがね。
マーシャルがシェア率の高いのが疑問なのです。

まずね、やっぱり真空管!っうのがあるよね。
「今の技術ではコンデンサやデジタルでも
真空管の音出るよ~」なんて言う人もいますがね、
僕が経験した感じだと、「大違いです!」
基本的に「音圧」がまるで違うの。
例えば
100ワットのコンデンサアンプと50ワットの真空管アンプを
比べるとね、50ワットの真空管の方が鳴るの、
負けじとコンデンサの方のボリューム上げても「ただ、うるさくなるだけ」なの。

という事で僕は真空管派

さて次

例えば
「マーシャルの歪みが最高!」なんて良く聞きますが、
クリーンはどうなんだ?と言いたいです。

スタジオには必ずあるアンプ、ローランドJC
あれはとてもフラットな性格なので、
どんなジャンルでも音作りがしやすいのでね。

僕は基本的に音抜けの良いアンプが良いと思っております。
いくら歪みが良くても音抜けが悪いと、話になりません。
極端に言うと「音抜けの良いアンプで歪みはペダルで作った方が良い」
という事なんです。

結局ねクリーンでいい音がしないアンプは歪ませてもダメ!という
半ば決めつけに近いですが、偏った性格のアンプでは偏った音しか出せないという事です。

だからね、アンプを選ぶときは
ネームバリューに惑わされないでね、音抜けの良いアンプにすると
どんな音にも対応出来るしね、ボリュームをムダに上げる事無く
聴いてる人に音を届ける事が出来ますよ。

という事でした。


スポンサーサイト

テーマ : ブルース - ジャンル : 音楽

コメント

釧路新聞見たよ!!

はじめまして^^
コメントありがとうございました。
最近ブルースにはまりつつあります。なにせそーゆー事をやるひとがまわりに全くいないものでいろいろと参考にさせていただきますね。

またあそびにきまあす^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。